入稿案内


入稿データについて

ご入稿可能なデータ形式は以下の通りです

・Illustrator(.ai)

・Photoshop(.psd)

・In Design(.id)

・Portable Document Format(.pdf)

他のデータ形式、アナログ原稿でのご入稿はスタッフまでご相談ください。

 

 

 


完全データをご入稿ください

完全データとは“一切の修正を加えずに印刷可能な状態のデータ”です。

ご要望通りに出力するために必要な項目ですので

出力可能なデータかどうかの必須チェックポイントを必ずご確認ください。

 

データ容量は50MB以下ですか?

カラーモードはCMYKで制作されていますか?

データは仕上がりの実寸サイズで制作されていますか?

塗り足しを3mmで設定していますか?

配置画像はリンク添付、または埋め込みされていますか?

画像の解像度は適切ですか?

フォントについては以下の工程がなされていますか?

・Illustrator :アウトライン化

・Photoshop:テキストレイヤー化

・In Design  :グラフィックス化

・PDF         :フォントの埋め込み

データに不備があった場合は、再入稿もしくは、別途修正代がかかります。

 

 

 


その他の注意事項

データ作業料は1データごとに発生します。

※フォルダにまとめられたデータは1データではございません。
※製本、各種カード等は対象外です。

OK
PDF …複数枚が単一のPDF
Illustrator…複数のアートボード
In Design …複数ページ    etc…

 

 

 



NO
1フォルダに複数のデータが保存されている場合は
1データとして扱えませんのでお気をつけください。

 

 

 

 


 

モニター上の色彩を完全に再現することは出来ません。

印刷の最終的な発色は印刷用紙の種類や厚みによって変わります。

“色味が違う”と言った理由でのキャンセル等はお受け致しかねますので

普通紙でのサンプル出力をご利用ください。


 

黒等の濃い色のベタは多少のムラが発生します

印刷機の性能上、完全なベタを再現することが出来ません。
また、濃色のベタは印刷面の剥離が目立つため注意が必要です。

黒ベタに白抜き文字等のデザインをご希望のお客様にはホワイト出力を推奨しております!

 


 

線幅は0.5pt以上を推奨しています

0.5pt以下の細さの線はかすれが発生します。
画像に含まれる線の表現、ミリペンで描かれたイラスト等も再現しきれない場合があります。

 


 

バックス画材 紙ひろば